新規会員登録
ファンクラブについて
お問い合わせ
ID
PASS
*パスワードを忘れた方


第8回バリアフリー映画祭広報大使に任命されたキム・テギュン監督(左より)、俳優チェ・スヨン、チェ・テジュン

俳優チェ・スヨンとチェ・テジュン、映画『暗数殺人』キム・テギュン監督が、2019バリアフリー映画広報大使に任命された。社団法人バリアフリー映画委員会は、11月7日に韓国上映資料院シネマテックKOFAにて開かれる「第8回ソウルバリアフリー映画祭」開幕式で広報大使任命式を行う予定だ。

『暗数殺人』で評壇と観客から良い反応を得ているキム・テギュン監督は、2014年バリアフリー短編映画である『きらきらドキドキ(原題)』を演出しバリアフリー映画と縁がある。一般バージョンとバリアフリーバージョンでソーシャルメディアにて上映されている『きらきらドキドキ(原題)』は、今でも多くの再生回数を記録しバリアフリー映画への大衆の認識を広めるきっかけとなっている。

ドラマ『私の人生の春の日』を通して2014年MBC演技大賞で女性優秀演技賞を受賞し、演技力を認められたチェ・スヨンはドラマ『元カレは天才詐欺師~38師機動隊』『今日、妻やめます~偽りの家族』、日韓合作映画『デッドエンドの思い出』などを通して活発な演技活動を続けている。チェ・スヨンは、映画とドラマ撮影を行き来し忙しい中でもバリアフリー映画の趣旨に共感して快く広報大使を引き受けた。

チェ・スヨンと新ドラマ『だから私はアンチファンと結婚した(原題)』にて息を合わせる俳優チェ・テジュンは、映画『ペースメーカー』『カッター』を通して観客に注目された。2014年のドラマ『春の輪舞<ロンド>』でMBC演技大賞男性新人賞を受賞した。

今回映画祭の観客広報大使では視覚障害者広報大使シン・ジェヒョク、聴覚障害者広報大使ウ・スンホ、非障害者広報大使チョン・イェヒョンが選定された。シン・ジェヒョクさんはMBCスターオーディション『偉大な誕生』に出演したシンガーソングライターで、デジタルシングルアルバムと正規アルバム『WITH YOU』を発売したミュージシャンだ。ウ・スンホさんは大田市議会議員で、聴覚障害者たちの共感と疎通のため活発に活動している。チョン・イェヒョンさんはSK大学生ボランティアSUNNYで短編映画2編をバリアフリー映画として制作した経験がある。

第8回ソウルバリアフリー映画祭は11月7日から11日まで韓国上映資料院シネマテックKOFAにて障壁のない映画祭を開催する予定だ。観覧料無料。詳しい内容はソウルバリアフリー映画祭ホームページを参照。


出処:10asia