新規会員登録
ファンクラブについて
お問い合わせ
ID
PASS
*パスワードを忘れた方


俳優チェ・テジュンの感性溢れる夜の街での画報が公開された。

<THE STAR>マガジン1月号を通して公開された今回の画報で、チェ・テジュンはソウルの夜の街を背景に自分だけの深い感性を醸し出した。公開された画報の中のチェ・テジュンは、特有のしっとりとした眼差しが込められた表情とポーズをたくさん披露した。特に、彼は明け方から開始された画報撮影にも疲れた雰囲気を見せず誠実に撮影に臨み、スタッフたちを気遣ったという後日談だ。

画報撮影後に続いたインタビューでチェ・テジュンは、「普段、夜の時間が好きだ。睡眠欲もなく、夜の時間を楽しむ方だ。主に明け方に‘感性’という友達が訪ねてきて、拒まず一緒に過ごす」と自分の感性について語った。

次期作として知られているドラマ<だから私はアンチファンと結婚した(原題)>と、キャラクターであるツンデレK-POPスター‘フ・ジュン’については、「トップスターでもK-POPスターでもないので、ダンスと歌には自信がない。だから更に一生懸命練習し、カッコよく見える技術も学んでいるところだ」とし、「どれだけK-POPスターたちが凄いのかに気付き、心から彼らを応援する」と話した。

続いてキャラクター‘フ・ジュン’と自分の似ている点を聞くと、「同じ芸能人というところが似ている。ファンたちが僕を好きだということはありがたいが、時にはとても身に余ることなのでとても緊張する方だが、フ・ジュンは大衆の前で自然なリアクションが上手だ。ファンとコミュニケーションする姿を見習いたい」と語った。

もし、実際に自分のアンチファンと会うなら何と言いたいかと尋ねると、「僕を嫌わないでと説得するかもしれない。思うほどそんなに悪い人じゃなければ、どんな部分がそんなに気に入らないのか聞き、悔やまれることは突き詰めるかもしれない」と笑いながら率直に話した。

2019年、29歳になるチェ・テジュン。最後の20代が終わる前に必ずやりたいことについて、「俳優として、僕には毎作品が本当に大切で、学ぶことが多かった。よく大衆の方々が‘人生キャラクター’もしくは‘人生作品’と言うが、ファンと大衆の方々に更に認められる良い作品に出会いたい。30歳になる前、20代の最後の作品が‘人生作品’になるといいという願いがある」と慎重に語った。

チェ・テジュンの深い感性と心の内が込められた詳しいインタビュー、ファッションフィルムは全て<THE STAR>1月号(12月21日発売)で見ることができる。

一方、<THE STAR>1月号では、歌手であり女性たちの憧れの的のファッショニスタであるジェシカのファインドカプールカバンスタイリング画報と、2019年20歳を迎えたASTROサナの画報、次世代‘ガールクラッシュ’に数えられる公園少女ミヤのメイクアップなど、様々なスターとスタイルについての情報を確認することができる。


出処:スポーツ朝鮮